イベントのサステナビリティ考

イベント業界が直面する新たなチャレンジ、それが「サステナビリティ」です。環境への配慮はもちろん、社会的責任、コスト削減、法的要件といった多角的な視点から、持続可能なイベント運営が今や不可欠とされています。そこで、これからのイベントが目指すべきサステナビリティの具体策を明らかにし、その重要性と実現に向けた戦略を紹介します。成功事例から学ぶアクションプラン、各ステークホルダーの役割、そしてサステナビリティを高める最新テクノロジーまで、多角的に網羅し、新たなイベントのカタチを考えます。

本質的なサステナビリティ・イベントの実践[アイランダーサミット石垣]
2019年から毎年、沖縄県・石垣島で開催し、国内外からさまざまな分野の専門家が集まる「アイランダーサミット石垣」は、常に今のイベントの在り方を模索し、変化を続けるユニークな事例である。事務局長の前野伸幸氏(ホットスケープ代表取締役)にこれま
廃材を装飾にする循環型ディスプレイを構築 3Dプリンターで新たな価値を創出[昭栄美術]
空間装飾・施工を手掛ける昭栄美術は今年秋、大型3Dプリンターを導入した。サステナビリティに大きく貢献するというこのプリンターは、最大でブース1小間ほどの造形物を創ることができる。導入を決めた専務取締役の羽山寛幸氏に話を聞いた。 昭栄美術のベ
持続可能な社会を地域と共に目指す施設として[東京たま未来メッセ・松浦 一 氏]
昨年10月にオープンした「東京たま未来メッセ」。環境に配慮し、SDGsに貢献する施設であるための機能を各所に備えている。同施設の副センター長・松浦一氏に、SDGsの視点から見る施設の特徴と運営する際の取組みを聞いた。地域と連携し地域の自然を
【レポート】UCC Smile Festa 2023【サステナブルなイベント開催のポイントとは?】 - 展示会とMICE
UCCコーヒープロフェッショナル(以下UCP)と博展は、UCPが全国で開催する展示商談会『UCC Smile Festa 2023』において、サステナブル(持続可能な)イベントの実現に向けて共同で取り組んでいる。 今回は
万博ビジネスと向き合うことが、SDGs 達成の補助線になり得るか[昭栄美術・羽山 寛幸 氏]
万博を契機としたさまざまなビジネスチャンスの獲得に向けた活動が盛んになる中で、SDGsの取組みを社内外へ表明する企業は増えた。しかし、宣言した内容と実際の活動内容が大きく異なり「SDGsウォッシュ(うわべだけのSDGs)」を指摘されるケース

error: